• 浮気調査終了後に依頼者に渡される浮気調査報告書とは

    興信所に浮気調査を依頼して、浮気調査が終了すると、依頼者の下に浮気調査報告書というものが送られます。これは興信所によってフォーマットや記載されている内容が異なるものなのですが、簡単に言うと浮気調査の結果が記載されている報告書です。

    続きを読む
  • 浮気調査のスタッフは尊敬できる仕事

    興信所の浮気調査のスタッフがどんな仕事をしているかというのをご存じない方も多いでしょう。多くの方は、ドラマや映画に出てくる探偵が張り込みをしているイメージなのではないでしょうか。フィクション上の浮気調査と現実の・・・

    続きを読む

浮気調査が費用は高い?安い?その理由とは

浮気調査が費用は高い?安い?その理由とは

旦那さんや奥さんの浮気を疑って興信所に浮気調査をお願いした方ならわかるかと思いますが、興信所や探偵事務所による浮気調査の依頼費用というものは安くありません。興信所ごとに細かな費用は変わってきますが、大体相場の依頼費用は調査一回あたり30万円ほどです。

なぜこれほどの料金がかかってしまうのでしょうか。今回は浮気調査興信所株式会社の社長として、浮気調査を受け持っている興信所がどのように浮気調査の裏側から、浮気調査にお金がかかってしまう理由までをお話いたします。

尾行や張り込みの人数は少数が良いか大人数がいいのか

浮気調査は、1つの依頼で複数人のスタッフの人件費がかかる

興信所による浮気調査というのは、基本的には複数人のスタッフがチームを組んで行います。

よって、1つの依頼で複数人のスタッフの人件費がかかるのです。私は興信所の社長をやっていますが、どんなに優秀なスタッフがいたとしても、単独で現場を任せるということはまずありません。それは、尾行や張り込みという仕事の性質上一人ですべての仕事をこなすことは不可能だからです。

しかし、逆に大人数だと成功確率が上がるというものでも有りません。
人数が多くなればなるほど、お互いのコミュニケーションによるロスや、発覚の危険性が増していきます。

興信所・探偵スタッフの質の問題

探偵事務所や興信所によっては、とにかく大人数で対応することで安心感を出す場合があります。
しかし、この人数、ほぼアルバイトみたいな人だと、どれだけ安くても余り意味がありません。
重要なことは、きちんとした訓練や教育、そして経験を積み、そうした可能な限りの優秀なスタッフで少数で行うことが逆に調査費用の削減となります。

一方、尾行や張り込みをしているスタッフが単独である場合、対象者カップルに顔を見られてしまうのではという危険性もあります。
実際、同じ場所で同じ人が居れば禁書の人からも不審がられやすくなり尾行や張り込みをされていることに気づかれやすくなります。一般的な浮気調査において複数人のスタッフを配備しているのは、複数人で交代で尾行や張り込みをすることで興信所のスタッフの顔ばれを防ぐという理由もあるのです。
こうして、一般的な探偵社では、どうしても費用と人数の削減をしつつ品質を保つというのは困難な命題になります。

探偵スタッフの質の問題

また、尾行や張り込みというのは通常は何日間にも及ぶものです。その間スタッフは長時間にわたり同じ場所に滞在して、対象者の様子や同行を監視していなければなりません。
少しでも目をそらしたときが浮気の決定的瞬間であったなどということがあれば、探偵事務所や興信所の浮気調査のプロとしては失格です。しかし、興信所のスタッフも人間ですから、当然トイレに行きたくなりますし、夜は寝なければ体力が持ちません。また、張り込み期間中に急に具合が悪くなるということだってあるでしょう。そういった時に複数人のスタッフをあらかじめ配備しておけば、常に対象者カップルを監視し続けられます。

専用の機材が高額なため、浮気調査の料金は高額になってしまう。

浮気調査に必要な機材や各種の道具などにはお金がかかる

探偵事務所や興信所の浮気調査の料金が高額になってしまう理由のひとつとしては、浮気調査に必要な機材や各種の道具などにお金がかかってしまうということが上げられます。

たとえば、浮気調査では、浮気をしている疑いのある対象者カップルを張り込み、尾行して浮気の現場の証拠を得なければいけません。その際、離婚調停の裁判で有効となる証拠を得るためには、はっきりと浮気の証拠が映っている写真や動画を撮らなければいけません。浮気調査において決定的瞬間を撮るときには、不安定な姿勢で撮ったり、動いている対象者を撮らなければならず、きれいな写真や映像を撮るというのは至難の業なのです。そのため、探偵事務所や興信所での浮気調査においては撮影性能の高い特殊なカメラを使っています。

また、浮気調査をする際には、対象者カップルから近すぎる距離で尾行や張り込みをすることはリスクの高い行為です。対象者カップルとなるべく一定の距離を保ちつつ、浮気の決定的瞬間を逃さないようにしなければなりません。そのために、遠くの対象者を見るための望遠カメラなども用意しなければならないのです。

そして、浮気調査における張り込みや尾行をしている最中に、対象者カップルが車やバイクなどに乗って急にどこかに移動するということもあります。そういった事態にすぐに対象者カップルを追いかけられるように、興信所のスタッフは浮気調査の際にバイクや車などを用意しなければなりません。スピードはもちろん車のほうが速いですが、バイクはなんと行っても小回りが利きます。二人組で対象者カップルを追っている際に、車に乗っているほうが渋滞に巻き込まれたりしたら、バイクに乗っているほうが尾行を続けるというわけです。

カメラや車、バイクのほかにも興信所によって、浮気調査に使われる道具はさまざまです。なかには依頼者の自宅に仕掛けるための盗聴器などを購入する興信所もあります。

これらのことからわかるように、浮気調査に必要な道具というのは、どれも高額なものばかりなのです。これが、浮気調査の料金を高くしている原因のひとつです。私も浮気調査興信所株式会社の社長として、費用の削減に取り組んでいますが、時に激しく走り回りながら、対象者カップルを追跡するなど、調査の過程でカメラや機材など消耗も早くなってしまうのです。

浮気調査興信所株式会社の場合

浮気調査興信所が、なぜ高い品質を低コストで浮気調査を実施できるか。
すべて当然のことをきちんと行う。そして、ちゃんとした技術対応を行うと言うことに尽きます。
スタッフ一人一人の質を向上させるために、専用のカリキュラムによる訓練やテスト、実地試験などを行ったうえで、より優秀なスタッフによるリアルタイムな管理の元で調査実施を行います。
また、ITデバイスなど、独自の機器の開発や、外部への製造委託などにより、専門会社ならではの電子機器や光学機器を駆使することで、浮気調査を実施しています。

浮気調査の日々で

私も今では社長という地位にいますが、以前はある探偵社の浮気調査員でした。その探偵社で調査員をしているときは、調査にかけていいお金というのはむしろ足りないくらいで、常に予算がカツカツでした。
その探偵社では、人数を増やすために質の低い人を雇ったり、とにかく気合いで張り込みなど、前時代的で、頑張っても調査費用は上がり、調査結果は逆に厳しいものでした。

いま私の会社(浮気調査興信所株式会社)では、まずスタッフの質の向上と維持、プロファイルの導入による適切なタイミングでの調査実施、そして、IT機器などを用いた省力化により、高い成功率を誇るまでになりました。

慎重に注意深く対象者の秘密を暴くために、浮気調査興信所の料金は、適切な水準を維持するよう努めています。
料金のしくみや、金額のことにつきましてのご相談も、社長である私含め、スタッフ一同心よりお待ちしております。

浮気調査興信所の社長による、ちょっぴり本音のブログです。
興信所による浮気調査の実態や契約、費用、そして証拠確保など、いろいろ書いています。
浮気調査の料金を高額だと思っている方は多いですが、実は適正なそれには正当な理由が存在するのです。
興信所によ浮気調査という非日常の日々へご招待します。
最初のテーマは、浮気調査の費用についてです。
浮気調査には、専用のカメラや車、バイクなどを購入するための費用が必要です。
また、浮気調査は複数人で行うのが基本なので複数人分の人件費が発生します。浮気調査興信所株式会社は浮気調査の料金に関するご相談も、常に受け付けています。

Comments are closed.